論理と、幻想と。

FFXIVやPCが好きなITスペシャリストが作ったものや考えたことについてダラダラ書きます

平等という幻想

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」というのは福沢諭吉の「学問のすゝめ」の冒頭の名文です。多くの人が見たことがあると思います。ここだけ切り取ると「人はみな生まれながら平等ですよ」という意味の事を言っているように見えますが、重要なコンテキストが抜け落ちてしまいます。そんな舌触りの良い言葉だけで、この国の一番高価な紙幣の肖像に選ばれるわけがない。この文章には長い長い続きがあります。

されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥どろとの相違あるに似たるはなんぞや。その次第はなはだ明らかなり。『実語教』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。

賢い人もいれば馬鹿もいるし、貧乏人もいれば金持ちもいる。さて、その違いとは何か、といえば学ぶかどうかです。

身分重くして貴ければおのずからその家も富んで、下々の者より見れば及ぶべからざるようなれども、その本もとを尋ぬればただその人に学問の力あるとなきとによりてその相違もできたるのみにて、天より定めたる約束にあらず。諺にいわく、「天は富貴を人に与えずして、これをその人の働きに与うるものなり」と。されば前にも言えるとおり、人は生まれながらにして貴賤・貧富の別なし。ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人げにんとなるなり。

単純明快で、学問を修めることによって、手足を使った労働だけでなく、より高度な仕事が出来るようになる。人の上に立ち人を導くことができるようになる。これは別に天賦の才能によるものではなく、学問の力を得て何かを成したいと努力した人たちの成果なんだよ、ということを分かりやすく説いています。

この教えが当時どれだけのインパクトがあったのかまでは想像が及ばないけれど、やはり我々もその恩恵として義務教育を受けているわけで、きっとな相当大きなものだったと思う。しかし今では何もしなくても受動的に教育を受けられる手前、当たり前になりすぎて有難みを感じることも少なく、学問の道を積極的に選択せよと説いた氏の思想が蔑ろにされてしまっている、というのはどうも気のせいではないと思っています。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」、確かに生まれたときはみな平等であるようです。それは決して「人に上も下もない、みんな同じなんだ」で終わるようなスカスカな意味合いではないと思います。都合の良い部分を都合良く読み取ればそのような解釈になるかもしれませんが。だから恣意的な解釈にワンパンくれるためにもう少し書き足すと、「天は人の上にも人の下にも人を造らないが、人は人の上にも人の下にも在ることもできる。」といったところでしょうか。

現代的な、典型的かつ陳腐な例文で恐縮なんだけども「アイツだけ良い思いをして不平等だ、人は平等なはずだ」とか、もっと切り込んで言うならば「不平等だから、相手を自分と同じまで引きずり下ろすべきだ」か、「不平等だから、自分を引っ張り上げてもらえないとおかしい」とか、そういう卑屈な幻想を、決して肯定していない。ならばアイツがしたように俺もお前も努力しよう、そういう読み解き方をするのが健全だと思います。私が思うに現代教育では個人の権利意識ばかりが肥大化し、それにつられて平等意識という大きな幻想が生まれる一方で、本来それを得るために必要なもの、少し大事な何かを見落としてしまっている気がしてなりません。

これも私の信仰ですが。何にしても平等であることを求めるなら、まず不平不満を並べる前に、それを打破するために自分に合った努力を選択して積極的に行うべきです。別に高度な学問である必要もなくて、自分の言葉で何かを学び取るぶものがあれば何だって良いと思っています。本を読み映画を見て不平不満ばかりを口にする下卑た心を鎮めるも良いし、より高度な言説や所業をもってより高いところを目指してもいいし、そこは自分に合ったものを選択すれば良くて、そのための機会というのは、先人の知恵や努力によって平等にひらかれている。けれど指をくわえているだけで誰かがを与えてくれるものでは、ない。

試みに告ぐ、後進の少年輩、人の仕事を見て心に不満足なりと思わば、みずからその事を執りてこれを試むべし。人の商売を見て拙なりと思わば、みずからその商売に当たりてこれを試むべし。隣家の世帯を見て不取締りと思わば、みずからこれを自家に試むべし。人の著書を評せんと欲せば、みずから筆を執りて書を著わすべし。学者を評せんと欲せば学者たるべし。医者を評せんと欲せば医者たるべし。至大のことより至細のことに至るまで、他人の働きに喙を容れんと欲せば、試みに身をその働きの地位に置きて躬みずから顧みざるべからず。あるいは職業のまったく相異なるものあらば、よくその働きの難易軽重を計り、異類の仕事にてもただ働きと働きとをもって自他の比較をなさば大なる謬りなかるべし。

青空文庫でも読めるので、いい大人になったこの機会に読み直してみてもいいのではないかと思います。私は電車の中で読み始めたら面白くて止まらなくなってしまいました。こんな時代に大人になってしまったからこそ、後進の少年輩としての矜持を改めて、今一度正座してしっかり読み直して、ちょっと襟を正してみようかなと思います。

www.aozora.gr.jp