論理と、幻想と。

ゲームやガジェットが好きなITスペシャリストが作ったものや考えたことについてダラダラ書きます

日本語環境向けにカスタムしたmopimopi2を公開します

mopimopi2はHAERUHAERU氏によって開発されている高機能なMiniParseオーバーレイです。

github.com

ACTWebSocketの代替として、ngld/OverlayPlugin に内蔵されている簡易Webサーバ機能を用いてmopimopi2オーバーレイを表示した際に、一部の日本語フォントが適切に表示されない場合があります。いわゆる中華フォント問題です。

blog.sheeva.me

中華フォント問題については以下を参照

www.bricoleur.co.jp

問題の概要

オーバーレイはHTML形式、いわゆるWebページの形式となっています。Webページ側のデフォルト言語が日本語でなく、かつ適切な日本語フォントが設定されていない場合、日本語のコンテンツの描画時にブラウザ側でフォールバックフォントが呼び出されてしまって、結果的にどうもモヤモヤする表示になるようです。

f:id:hackermind:20200117174901p:plain

漢字フォントがなんかモヤモヤするのがお分かり頂けるだろうか。

対策版

モヤモヤしたのでForkして、シンプルにWebページ側でこのページは日本語で書かれたページであると明示的に指定し、ついでに優先フォントとしてメイリオを指定しただけの派生バージョンを作りました。中華フォント対策を入れただけで、機能的には本家と何の差もありません。

f:id:hackermind:20200117175145p:plain

だいぶ気分がすっきりしました。

利用するには、OverlayPluginのMiniParseOverlayの設定画面内で、表示するURLhttps://sheeva-r.github.io/mopimopi/ を指定してください。

正しく動作しない場合、このオーバーレイにはACTWebSocketが必要 にチェックが入っていることを確認してください。(参考:OverlayPlugin 0.13.2.0の設定画面)

f:id:hackermind:20200117180340p:plain

何かしらの不都合が生じたりして気が向いたら更新しますが、本家の最新アップデートには追従しきれない可能性がある点については予めご了承ください。