エンジニア的ゲーム理論

FFXIVやPCが好きなITスペシャリストの屁理屈とか

Chrome拡張機能「FFLogstone」を公開しました

ブラウザで開いたLodestoneのキャラクター画面に、FFLogsへの直接リンクのボタンを挿入するChromeブラウザの拡張機能を開発して公開しました。我ながら本当にしょーもないモノを作ってしまったなあと思います。

サンプル

こんな感じで動きます。

f:id:hackermind:20191015091209g:plain

インストール

Webストアからどうぞ。

chrome.google.com

動作の仕組み

動作にはFFLogsのPublic API Keyが必要です。FFLogs上のキャラクターIDを調べる過程で必要になります。

FFLogsにログインした状態であればプロフィールページから確認できます。

実際の動き

  1. ロドストの画面からキャラクター名とワールドを取得
  2. キャラクター名とワールド、リージョンを取り出してFFLogsのWebAPIに適当にクエリ
  3. レスポンスのJSONデータをパースしてキャラクターIDを取り出して最終的なリンクURLを組み立てる
  4. キャラクター名の次あたりに、上記3.で組み立てたリンクのボタンを書き加える

ロドストのキャラクターページ以外を開いている時には何もしません。あとは勝手にデータを盗み見たりどこかに送ったり、ということもしていません。

動機

ロドストで固定メンバー募集とかしてる人と話してて思いつきました。JavaSctiptのDOM操作の概念は知っていて、これは非プログラマの私でも作れそうだったので作ってみました。あとは、どんなクソみたいなものでもいいから、人に使ってもらえるプロダクトを作ってみたい、という思いもありました。

そもそも公開しといてこんなこの言うのもアレですけど私は最近ちょっとFFLogsのデータの見られ方があまり健全ではない方向に向かいつつある風潮を懸念してはいます。

こういうもの作ると「怖い」っていう人が出てきそうなもんですが、これ自体がやってるのはユーザがFFLogsでその人の名前を検索する作業を代替しているだけです。見てる人はこんなもんなくても見てる、ということです。結局は使う人次第で毒にも薬にもなりますし、当然ハラスメントを助長しようという意図もありません。紳士淑女として節度を持って活用したりしなかったりしてもらえればいいかなーと思いつつ、今後のプレイヤーのモラルだとかそういうものがどう移ろい変わっていくのかをぼんやり眺めていようと思います。