論理と、幻想と。

FFXIVやPCが好きなITスペシャリストが作ったものや考えたことについてダラダラ書きます

UltraScouterのモブリストを活用する

f:id:hackermind:20191208090413p:plain

補助輪はanoyetta氏によって開発されているACT用プラグインの詰め合わせです。 github.com

補助輪に同梱されているプラグイン ACT.UltraScouter には、リストに含まれるオブジェクトが一定距離内に出現したときに画面通知および読み上げを行う機能があります。

このリストを有効化するには、補助輪のインストールディレクトリ内、resourcesディレクトリにあるMobList.ja-JP.master.txtMobList.ja-JP.txtにリネームします。

標準ではレアFATEおよびリスキーモブのみが表示されるようになっています。レアFATEについては数回やったら通知は必要ないと思うので、私はTTSを無効化しています。

その他の使い方

別にリスキーモブじゃなくても周辺にあって検知可能なオブジェクトなら何でも表示できます。ソート順は最下位になる。

風脈の泉の位置を表示
風脈の泉                    EV  999 false
エウレカやDDのモブ検知タイプ

モブのタイプを表示するフィールドに検知タイプや巡回かどうか、要注意攻撃などを書いておくとメモ代わりにもなります。

## 検知タイプ - 禁断の地エウレカ:ピューロス編
ピューロス・スライム  聴覚検知 20 false
ピューロス・ホーク  聴覚検知 20 false
ピューロス・ウッドゴーレム  聴覚検知 20 false
ヴォイドフレイム・ドラゴン  聴覚検知 20 false
どこかの誰か

当然プレイヤーキャラでも可。悪用してはいけない。

"Dokokano Himechan"  貢げ!  999 false
"Shiranai Ojisan"  逃げろ!  999 false

ちなみに記事上部に掲載したスクリーンショットで使っているフォントにはNoto Sans JPを使用しています。自分のオーバーレイにおける日本語フォントはほぼ全てこれです。

fonts.google.com